リフォームで暮らしを快適に【新たな生活をスタート】

電気でお得に

オール電化を導入するために必要な価格

オール電化を導入した住宅やマンションが増えてきています。 オール電化とはその名の通り、ガスや灯油などを使用せずエネルギー源が全て電力で賄うということです。 オール電化にするためには、専用の給湯器の導入とIHクッキングヒーターの設置が必要になります。 給湯器は中に貯めておく水の量によってその大きさが変わり、当然大きいほど値段が上がります。 お風呂やシャワーのお湯は給湯器のお湯を温めて使用するため、家族の多いご家庭だと大きめの給湯器を導入しておいた方がよいでしょう。 これら2点の導入価格は、100万円前後が相場だといわれています。 これに更に床暖房も組み合わせるとさらに100万前後追加になりますので、オール電化を導入する際は、自分のライフスタイルに合わせて選びたいですね。

オール電化住宅の特徴としてあげられるのが、IHクッキングヒーターです。 ガスを使わないので、地震が起きてもガス漏れや引火の心配がいりません。 小さなお子様がいるご家庭でも安心してご利用できます。火力もガスと遜色ないくらい、強火からとろ火まで調節できます。また主婦にとって嬉しいのはお手入れの簡単さです。ガスコンロだと五徳を綺麗に維持するのはなかなか大変ですが、IHクッキングヒーターはさっとひと拭きすればいいのでお手入れが楽です。 その他の特徴としては、深夜電力を利用すれば電気代がかなり安くなるプランが多いことです。 これをうまく利用して、朝ご飯や洗濯機を夜のうちにタイマーで仕掛けておけば電気代の大幅な節約になります。 オール電化の特徴を利用して快適な生活を過ごせるといいですね。